肝細胞がん(肝がん)の症状と治療法

20160412001

肝臓の病気を持っている人には知っておいてもらいたい「肝細胞がん(肝がん)」について、お話をしていきたいと思います。

肝細胞がん(肝がん)について

症状

実は肝細胞がんには、コレと言った自覚症状がありません。自分から異変を感じて肝細胞がんだという事を判断するのは、とても難しいものがあります。ですから、早期発見を目指すのであれば定期的に検査をするのが重要なポイントとなります。

どんな病気?

肝臓から発生したがんを「肝細胞がん」と呼び、肝硬変などから進行して引き起こされる事が多いがんです。ちなみに肝臓から発生したがんと、他の場所から転移した肝臓のがんの事をまとめて「肝がん」とも呼びます。

原因

1番多い肝細胞がんの原因というのはC型肝炎ウイルスと言われています。その他にも、B型肝炎ウイルスや非アルコール性脂肪肝炎なども原因となっている事があります。

どのように肝細胞がんになるのかというと、C型肝炎から慢性肝炎になり肝硬変から肝細胞がんという流れがあります。基本的に肝硬変からおよそ30年位経った頃に肝細胞がんになる事が多いようです。

病院での対応

診断を下す為には、超音波検査やCT、MRIなどを行います。血液検査で腫瘍マーカーをチェックする事も判断材料となります。しかし通常の血液検査だけでは、肝細胞がんを知ることは難しいので、自分から検査に赴く必要があります。

慢性肝炎になっている人や、肝硬変になっている人は必ず肝細胞がんの検査を受ける事をお勧めします。症状が無い分、見つける事も難しい状況ですから定期的に検査を受けるようにしましょう。

肝細胞がんの場合は、肝硬変も患っている事が多いので両方の治療を進めていくこととなります。日本肝臓学会の肝癌診療ガイドラインに沿って、適格な治療を施していく事が基本となります。薬物治療や手術など、様々な方法で治療をしていく事となりますので、簡単なものではありません。ですから、早期発見が出来るように心がけてもらいたいと思います。