ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)の症状と感染経路

20160407012

ウイルス性肝炎というのは、原因ウイルスによっていくつかの種類に分けられます。それが、A型・B型・C型といった種類になります。そして「急性肝炎」と「慢性肝炎」という部類にも分けられており、慢性肝炎の中でも1番多いのがC型肝炎と言われています。

では、それぞれの肝炎についてもう少し詳しく見ていきましょう。

A型肝炎

20160407013

症状

初期症状として感じる事が出来るのは、全身の倦怠感や発熱などのいわゆる「風邪っぽい」症状です。その他に出てくるものとして特徴的なのが「黄疸」です。

どんな病気?

A型肝炎ウイルスに感染してしまう事で引き起こされるもので、「急性肝炎」の1種になります。慢性化するものではないので、肝臓にダメージを与え続けることはなく、肝硬変や肝がんなどの原因になる事は無い病気です。

感染原因

A型肝炎ウイルスで汚染されている食品、水などを摂取すると感染して発症する事があります。

病院での対応

血液検査をしてA型肝炎ウイルスの抗体についてチェックをして、診断を下します。その後の治療では、安静にすることで自然治癒が可能となります。しかし重症の場合には、入院をして経過を見ることとなります。

B型肝炎

20160407014

症状

急性肝炎の場合には全身の倦怠感、食欲がなくなる、吐き気と言った症状と黄疸が確認できます。慢性肝炎になると、自覚症状がほとんど分からなのが特徴です。

どんな病気?

感染者の多数は母子感染した人となっており、出産の時に母親から感染したと言う状況です。ちなみに現在では、母子感染への対策が取られていますのでほぼ母子感染はありません。

その他に性行為、覚せい剤での汚染針の使いまわし、入れ墨などでも感染する人が増えています。多くの場合は急性肝炎となりますが、稀に慢性化してしまうと肝硬変や肝がんになってしまう可能性もあります。

感染原因

20160407015

B型肝炎ウイルスに感染してしまうことで発症します。感染している人の血液や体液からの感染が原因となります。

病院での対応

血液検査をしてB型肝炎ウイルスの抗原と抗体をチェックして診断を下します。急性肝炎の場合には、安静にして治癒するのを待ちます。慢性肝炎の場合には「抗ウイルス療法(肝炎ウイルスの増殖を抑制)」と「肝庇護療法(肝臓の炎症を抑制)」などで治療をしていきます。

C型肝炎

症状

発症した時には急性肝炎の症状が出てくるので、全身の倦怠感、食欲がない、吐き気といった症状が確認できます。そのまま慢性肝炎になると自覚症状がほぼないというのが現状です。

どんな病気?

自覚症状がほぼないので、慢性化してしまいやすい病気です。進行する病気で長期間で少しずつ悪化していき、肝硬変や肝がんの原因となる事があります。

感染原因

C型肝炎ウイルスに感染して発症しますが、その感染ルートは「感染者の血液」が体内に入ってしまった事になります。

病院での対応

血液検査をして肝臓機能をチェックします。その時に、「ALT(GPT)・AST(GOT)」の数値が異常だった場合は要注意になります。さらに血液の中に「C型ウイルス抗体(HCV抗体)」が発見されると、C型慢性肝炎となります。

治療法としては、ウイルスを除去する為の「抗ウイルス療法」をメインとして行っていきます。日本肝臓学会が提示している「C型肝炎治療ガイドライン」に沿った治療を行っていきます。